Loading

データが消えた!そうなる前に

OZP73_atamagawareruyouniitai20130707500

 

つい先ほどまでパソコンが普通に動いていたのに突然ハードディスクが破損してしまうというトラブルはご経験ありませんか。

ソフトウェアはいいですが、データは世界に1つしかありませんので、それを失ってしまうのは非常に痛いですよね。

 

そのようなトラブルが発生してから、ちゃんとバックアップを取っておけばよかったと後悔するのです。

こうしたトラブルに備えて、普段からこまめにバックアップを取っておけばよいのですが、なかなか忙しい毎日の中でそのようなことはできません。

 

そこで、外付けハードディスクを購入しておき、日々自動バックアップを取るのです。

 

フリーソフトでもいいものはありますので、そういうものを利用して下さい。できれば差分バックアップよりも世代管理の方をおすすめします。

 

例えばこういったソフトがおすすめです。

 

 

bunbackup

bunbackup_51

高機能バックアップソフトです。

バックアップ元からバックアップ先へバックアップの条件を指定してバックアップを行います。世代管理機能があり、バックアップした日付ごとのフォルダを自動で作成し、世代ごとのファイルを管理することができます。最近のファイルではなく、最初の頃のファイルのバックアップが欲しいときなど、再利用する可能性があるバックアップに最適です。

 

 

realsync

realsync_51

2つのフォルダの同期をとり、別々の保存場所のファイル内容を同一に保つソフト。データのバックアップをリアルタイムに行うことができます。
USBメモリーに対して利用すると、パソコンで編集しているファイルとUSBメモリー内のファイル内容の同期を取り、ファイル内容を一定に保つことができます。

 

もしお金に余裕があるなら、ハードディスクをミラーリングシステムにしたり、RAID構成にして、満地ハードディスクが1本破損しても、残りの2本からデータを復旧させるというリビルドを行えば完璧に元に戻ります。

 

 

関連記事

  1. 失敗しない?プロジェクトマネジメント
  2. googleからの「重大なセキュリティ通知」メールの対処方法につ…
  3. Appleを装ったフィッシングメールに注意!詐欺にひっかからない…
  4. IT・情シス担当者の業務引継ぎノウハウ vol.2
  5. 「フィッシングメール・スパムメール・標的型メール」とは?【セキュ…
  6. ネットがうまく接続出来ない、そんな時は?
  7. 2018年のフィッシング詐欺の傾向【変化を続けるフィッシング詐欺…
  8. パソコンのフォルダをきちんと整理するファイル管理術
PAGE TOP