Loading

終了したWindowsXPを使い続けるには、、、

sign-44184_640

 

2014年4月をもって、WindowsXPMicrosoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了してしまいました。

これは、もうマイクロソフトからセキュリティアップデートが配付されることが無いということです。

 

それが何を意味するのかというとセキュリティ的に問題があったとしても、もう修正されることはないということです。

 

セキュリティに問題があると、脆弱性を突いた攻撃が増え、ハッカーたちは多種多様の方法でパソコンの中にアクセスを試みるでしょう。

これでは何もしていないのに自分の個人情報が含まれているファイルがインターネットを経由して取得されるということにもなりかねません。

 

では、どうすれば良いのかというと、一番良いのはWindowsを新しいものに乗り換えることです。ですが、現状それができないという方がいらっしゃると思います。

その方々に最低限やっていただきたいのはインターネットの接続を切ることです。LANケーブルそのものを抜いて、さらに外部から渡されたUSBメモリ等のデータは開かないことです。

これを守れば最低限ウィルスなどの恐怖から身を守ることができるでしょう。

 

また、MicrosoftがXPのサポートを打ち切った後も、ウイルス対策ソフトのメーカーは少なくとも1年以上、XP向けウイルス対策ソフトのサポート継続予定しています。例えば、Trend Microは2017年まで、Kaspersky Labは2018年まで、Webrootは2019年まで継続です。

 

 

logo-journey

 

kaspersky_logo

 

webroot-logo-green

 

 

どうしても使わなくてなならない場合は、これらのメーカーから出している製品の導入をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. SFA (別名:営業支援システム
  2. Excel・windoesを令和元年に対応!Excelで和暦の元…
  3. 自己宣言からスタート!中小企業の為の「SECURITY ACTI…
  4. フリーソフトウェア
  5. カンパニ制
  6. Google新メールアプリ「Inbox」
  7. 標準タスク法 (別名:標準値法)
  8. ISO9000
PAGE TOP