Loading

【注意】Windows Updateに不具合がありました

640px-Windows_2000_Blue_Screen_of_Death_(INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE).svg

 

マイクロソフトは8月13日(水)に公開したWindows Updateの最新版[ MS14-045 ]に不具合があり起動ができなくなる事を認めました。

現在では、最新版アンインストールをユーザーに対して推奨することを発表しています。

 

このパッチをインストールすると、青い画面(ブルースクリーン)になりCが起動できなくなる可能性があります。

 

不具合の原因となる更新プログラムは:

・2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014年8月 12日)
・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
・2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
・2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012


4つのうちいずれかをインストールした後に、Stop 0x50 エラーが発生してPC が異常終了する場合があるほか、再起動後にも同じエラーが発生して起動に失敗する場合があるとしています。

PC が起動しない場合の復旧方法は以下の2つの方法があります

 

  1. 1 Windows のインストールディスクから起動してスタートアップ修復やシステムの復元を行い、更新プログラムをインストールする前の状態に戻す
  2. 2 システムのバックアップがある場合はリストアする (=更新プログラムのインストール前に戻す)

 

 

これらの方法で復旧できない場合は、PC をセーフモードで起動してフォントキャッシュ fntcache.dat を削除する必要があります。

以下MS によるセーフモードからの復旧方法の引用。引用元のページも併せてどうぞ。

 

  1. Windows 8 / 8.1 の場合 (MS によるWindows 7 のセーフモードへの入り方解説ページ)
  2.  
    1. 1 DVD や USB などのインストールメディアがある場合は、ドライブに挿入しPC を再起動する。ない場合はステップ4へ。
    2.  
    3. 2 Press any key to boot from DVD と表示されたらキーボードのキーを押す。このメッセージが表示されない場合は、DVD や USB からPC を起動するようにBIOS を設定変更し、起動順序を変更する。
    4.  
    5. 3 Install Windows ページまで来たら、Windows Recovery Environment を起動するためにRepair your Computer をクリック。
    6.  
    7. 4 インストールメディアが無い場合は、Windows の起動処理中に電源ボタンを長押ししてPC を3回再起動する。その後にPC を起動するとWindows Recovery Environment が起動する。
    8.  
    9. 5 PC が起動したらすぐに [オプションの選択] 画面で [トラブルシュート] をクリック。[スタートアップ設定] オプションが無い場合は[詳細オプション] からクリック。
    10.  
    11. 6 [スタートアップ設定] をクリック後、[再起動] ボタンをクリック。
    12.  
    13. 7 [スタートアップ設定] 画面で 「4) セーフモードを有効にする」 を選択。
    14.  
    15. 8 セーフモードで起動したら、管理者権限を所有するユーザーでログイン。
    16.  
    17. 9 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、del %windir%system32fntcache.dat と入力して実行し、fntcache.dat ファイルを削除する。
    18.  
    19. 10 PC を再起動する。通常はこれで正常に起動する。

    ms2

  3.  

11. レジストリエディターを起動する。方法はスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し、regedit と入力してOK ボタンをクリック。

ms3

12. レジストリエディターが起動したら、左ペインから [HKEY_LOCAL_MACHINE] をクリックして展開し、[SOFTWARE] – [Microsoft] – [Windows NT] – [CurrentVersion] – [Fonts] の順番でポイントする。
ms5

13. [Fonts] を右クリックし、[エクスポート] をクリック。

ms4

14. ファイル名に任意の名前を設定し保存。(ステップ15で削除する、フォントに関するレジストリを復旧する際に使用)

15. Fonts サブキーから以下の条件に合うレジストリを探して削除する。

  • ファイル名のみではなく、下記画面例のように C:xxxxxxxxx.otf などのフルパスで指定されている。
  • ファイル名の拡張子が otf (xxx.otf) となっている。


ms6

16. 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、再度 del %windir%system32fntcache.dat と入力して実行し、fntcache.dat ファイルを削除する。

17. [コントロールパネル] から [プログラムと機能] を開いて[インストールされた更新プログラム] をクリックし、以下の4つの更新プログラムを探してアンインストールする。

  • KB2982791
  • KB2970228
  • KB2975719
  • KB2975331


18. PC を再起動する。

19. ステップ14で保存したファイルを右クリックして[結合 (G)] をクリックし、ステップ15で削除したレジストリキーを復元して作業完了。

ms7

 

 

 

 

 

関連記事

  1. パソコンのフォルダをきちんと整理するファイル管理術
  2. IT導入補助金に必須!「SECURITY ACTION」の申請手…
  3. 常時SSL化しないと保護されていませんの警告!?httpとhtt…
  4. 最新ノートPCに脆弱性、情報を盗むコールドブート攻撃とは
  5. Windows7のサポート期間を2023年まで延長へ
  6. 導入するだけでは変わらない。テレワークを成功させる制度改善とは。…
  7. ITセキュリティポリシーを知ろう!
  8. データが消えた!そうなる前に

IT業務を引き継ぎます

いいね!を押して最新情報をGET!!

最近の記事

PAGE TOP