Loading

IT導入補助金に必須!「SECURITY ACTION」の申請手順

前回、身近なところから始められる「情報セキュリティ対策」としてSECURITY ACTIONという取り組みについてご紹介しました。

前回記事はこちら <自己宣言からスタート!中小企業の為の「SECURITY ACTION」>

今回は実際に、SECURITY ACTION「一つ星」の申請手順についてまとめてみたいと思います。

申請にあたりの注意点

SECURITY ACTIONの自己宣言申し込みの完了から、IPAに登録されロゴマークの使用開始まで1~2週間かかります。
IT導入補助金を申請するには登録番号が必要となりますので、早めの登録が必要となります。

身近に開始できるセキュリティの取り組みとなりますので、IT導入補助金の利用有無に関わらず、まず取り組むということが大切となります。

SECURITY ACTION 一つ星の申請手順

1.SECURITY ACTION自己宣言者サイトへアクセス(外部リンク)

https://security-shien.ipa.go.jp/security/entry/

2.SECURITY ACTION ロゴマーク使用規約が記載されていますので、最後まで読み、「使用規約に同意する」を選択
※最後までスクロールしないと『使用規約に同意する』ボタンが押せません。

3.SECURITY ACTION自己宣言申込み内容入力ページに必要な情報を入力し、「登録内容を確認する」を選択

4.記載内容に間違いがないか確認し、問題がなければ「登録」を選択

5.SECURITY ACTION自己宣言者サイトよりアカウント登録をする

6.アカウント登録情報を記載し、「登録内容を確認する」を選択

7.ユーザー情報入力確認画面にて、記載内容に間違いがないか確認し、問題がなければ「登録」を選択

8.5分でできる!自社診断&ポイント学習アカウント作成ページにて、アカウント登録情報を記載し、「登録内容を確認する」を選択

9.ユーザー情報入力確認画面にて、記載内容に間違いがないか確認し、問題がなければ「登録」を選択

10.アカウント作成完了画面にてログインIDを確認して、「次へ」を選択

※このログインIDは大切に保管してください。

11.ユーザー情報入力完了画面にてログインIDを確認して、「次へ」を選択

※このログインIFは大切に保管してください。

※IT導入補助金に申請にはこのID(4で始める11桁の数字)を利用します。

12.SECURITY ACTION自己宣言 仮申し込み完了となります。

※送信先メールアドレスに「仮申し込み受付のご連絡」のメールが届くので、メール記載のURLから申し込み手続き完了をします。

仮申し込み後のメールでの対応方法

1.仮申し込み受付が完了したら、登録したメールアドレスにメールが届きますので、記載のURLをクリックします

※7日を越えると再度申し込み手続きが必要となります。

2.これでSECURITY ACTIONの自己宣言申し込み完了となります

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SECURITY ACTIONの「一つ星」は10分程度の申請で完了します。

身近にできるセキュリティ対策として、社内のセキュリティ意識が向上し、自社の取り組むを外部にアピールできますので、これを機に取り組んでみてはいかがでしょうか。

SECURITY ACTIONやIT導入補助金にて質問などがあればお気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせはこちらから

 →【お問い合わせメールフォーム

関連記事

  1. フェイスブック、680万人の写真流出か
  2. 2020年までに対策を。Windows7とOffice 2010…
  3. 日本語によるサイバー犯罪「ビジネスメール詐欺」が登場!セキュリテ…
  4. これもセキュリティ対策!?パソコンのカメラを隠すわけ
  5. 使っているけどよく知らないセキュリティ対策~パソコンとバイオメト…
  6. 成功するためのプロジェクトマネジメント~要件定義フェーズ~
  7. WordPressのAMPプラグインに脆弱性が発覚!すぐにアップ…
  8. MacとWindowsどっちが安全なのか?やはりセキュリティは必…
PAGE TOP