Loading

パレート図

値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複数グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用される。

関連記事

  1. 特性要因図 (別名:フィッシュボーンチャート)
  2. BYOD
  3. ISO9000
  4. メールの添付ファイルが開けない
  5. ファームウェア
  6. BCP (別名:事業継続系計画)
  7. 規模の経済
  8. プログラムステップ法 (別名:LOC法)
PAGE TOP