Loading

アライアンス

直訳すると同盟という意味だが、企業同士の連携を表す言葉として使われる。企業合併や資本提携、販売提携など提携の強さもスタイルも様々なものがある。アライアンスを締結する目的としては、お互いの不得意分野の補完や、事業投資リスクの軽減などがある。新規事業に投資する際に自社のみで開発するよりも、開発コストを連携する会社と出資しあえば、事業投資に対するリスクを軽減することができる。

関連記事

  1. CIM (別名:コンピュータ統合生産システム)
  2. ステークホルダ (別名:利害関係者)
  3. BtoE (別名:企業対従業員取引)
  4. シェアウェア
  5. 2018年のフィッシング詐欺の傾向【変化を続けるフィッシング詐欺…
  6. クラウドファンディング (別名:ソーシャルファンディング)
  7. ロジスティクス
  8. CMMI (別名:能力成熟度モデル統合)
PAGE TOP