Loading

アンゾフの成長マトリクス

経営学者のH・イゴール・アンゾフ(H.IgorAnsoff)が示したもので、縦軸に「市場」、横軸に「製品」を取り、それぞれ「既存」「新規」の2区分を設け、4象限(市場浸透、新製品開発、新市場開拓、多角化)のマトリクスとしたもの。どんな市場にどんな商品を投入していけば、事業が成長、発展できるかを検討するのに有効なフレームワーク。

関連記事

  1. TQC (別名:全社的品質管理)
  2. リテールサポート
  3. 電子オークション
  4. ソフトウェア品質特性
  5. BtoC (別名:企業対個人取引)
  6. 事業部制
  7. EA
  8. ワークフローシステム
PAGE TOP