Loading

アンゾフの成長マトリクス

経営学者のH・イゴール・アンゾフ(H.IgorAnsoff)が示したもので、縦軸に「市場」、横軸に「製品」を取り、それぞれ「既存」「新規」の2区分を設け、4象限(市場浸透、新製品開発、新市場開拓、多角化)のマトリクスとしたもの。どんな市場にどんな商品を投入していけば、事業が成長、発展できるかを検討するのに有効なフレームワーク。

関連記事

  1. ウォータフォールモデル
  2. フェイスブック、680万人の写真流出か
  3. CSF (別名:重要成功要因)
  4. MBO (別名:経営陣による自社買取)
  5. EA
  6. EDI (別名:電子データ交換)
  7. ITセキュリティポリシーを知ろう!
  8. ハウジングサービス
PAGE TOP