Loading

ブルーオーシャン戦略

ランスの欧州経営大学院(INSEAD)教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュにより、2005年2月に発表された著書により提唱された戦略。複数の企業が血みどろの競争を繰り広げている市場(レッドオーシャン)に対して製品やサービスを考えるのではなく、これまでになかった付加価値を生み出すことで競争相手のいない平和な市場(ブルーオーシャン)を開拓し利益を最大化することが、この戦略の基本的な考え方となっている。

関連記事

  1. ROI (別名:投下資本利益率)
  2. IT・情シス担当者の業務引継ぎノウハウ vol.3
  3. データウェアハウス
  4. レコメンデーション
  5. GIS (別名:地理情報システム)
  6. ナレッジマネジメント
  7. フェイスブックが5,000万人分のユーザー情報流出!どのような影…
  8. システム監査
PAGE TOP