Loading

ERP (別名:企業資源計画)

企業資源計画とも呼ばれ、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェアを「ERPパッケージ」と呼ぶ。
ERP導入に当たっては、トップマネジメントのリーダーシップによって現状の業務をERPパッケージに合わせて改革する必要がある。これが不十分であるとシステムによる情報の一元化ができず、期待した効果が望めないことがある。

関連記事

  1. プロセス中心アプローチ
  2. 実用新案法
  3. 年末年始の長期休暇におけるパソコンのセキュリティ対策!
  4. 粗利益 (別名:売上総利益)
  5. 回帰テスト (別名:退行テスト、リグレッションテスト)
  6. 電子マネー
  7. メールセキュリティポリシーに欠かせないものとは
  8. 「サンドボックスモード」とは?Microsoftが導入した新たな…
PAGE TOP