Loading

トレーサビリティ (別名:追跡可能性)

元は流通業界から生まれた言葉で、対象とする物品(とその部品や原材料)の生産から販売に至るまでの流通履歴を確認できる状態にあることをいう。利害関係者要件の確認の場合にも、いつ誰が何をしたかの記録を積み重ねることによって、変更要求から実装までの経過を遡って追跡することが可能になり、問題が発生した場合にも何処に原因があるかを特定しやすくなるという利点がある。

関連記事

  1. CIM (別名:コンピュータ統合生産システム)
  2. CAM (別名:コンピュータ支援製造)
  3. 回帰テスト (別名:退行テスト、リグレッションテスト)
  4. BtoC (別名:企業対個人取引)
  5. 仮想通貨も攻撃対象に!ソフトウェアの脆弱性を悪用
  6. サービスマーク
  7. QRコード
  8. JIS (別名:日本工業規格)
PAGE TOP