Loading

ロングテール

「膨大な商品を低コストで扱うことのできるインターネットを使った商品販売において、実店舗では陳列されないような販売機会の少ない商品でも数多くそろえることで十分な売上を確保できるという経済理論。

一般に商品の売上は「全体の2割の優良顧客が全体の売上の8割を占め、全商品の上位2割が8割の売上を占める。」というパレートの法則に従うため、実店舗では売場面積や物流などの問題から上位20%の商品を優先的に販売している。
しかし、インターネット販売では従来の小売店販売面積の制約に縛られず、商品をデータベースに登録するだけで膨大な商品点数を揃えることができる利点がある。この商品点数の多さを活かし、小さいけれども確かにある販売機会を大量に集めることで、実店舗では実現不可能部分で大きな売上が生じるという現象が起こる。

関連記事

  1. プッシュ戦略
  2. ハウジングサービス
  3. グループウェア
  4. ロールプレイング (別名:役割演技)
  5. KPI (別名:重要業績評価指標)
  6. 運用テスト
  7. レコメンデーション
  8. SaaS
PAGE TOP