Loading

MRP (別名:資材所要量計画)

日本語では資材所要量計画と呼ばれ、部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫、発注、納入の管理を支援するシステム。製品に組み込まれる部品の構成や、それぞれの部品ごとの使用量、製造リードタイム、発注リードタイムをもとに、すべての製品の需要に対応した個々の部品の必要量、製造指示日、発注指示日を決めるというように、その製品の生産に必要な部品の発注量をコンピュータで自動的に算出し、資材管理を適切に行うことを目的としている。

関連記事

  1. 2019年に狙われるサイバー攻撃の脅威とは!?
  2. リバースエンジニアリング
  3. スマートグリッド
  4. チャット
  5. システム管理基準
  6. マトリックス組織
  7. コモディティ化
  8. システム監査
PAGE TOP