Loading

RFID

ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)から電磁界や電波を用いて情報のやり取りを行う技術。通信可能距離は数cm~数m。
非接触型ICカードにはRFIDと同様の技術が用いられていて、現在使われているものには、乗車カード(Suica,PASMOなど)や電子マネー(Edyなど)など。特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられRFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能。このため、バーコードよりも広い分野での使用が期待されている。

関連記事

  1. BPR
  2. クロスライセンス
  3. 使っているけどよく知らないセキュリティ対策~パソコンとバイオメト…
  4. 変更管理
  5. BtoB (別名:企業間取引)
  6. ビッグデータ
  7. 情報セキュリティ監査
  8. IaaS
PAGE TOP