Loading

スパイラルモデル

対象システムを機能単位に分割し、設計~プログラミング・テストという一連の開発工程を何度も繰り返しながら開発工程の規模を徐々に拡大(機能の改良・追加)していく開発モデル。成長モデル的に進めることで、開発コストの増加などのリスクを最小にしつつシステム開発を行う。ウォータフォール・モデルの欠点(後戻りができない)を補うために考案された開発モデルである。

関連記事

  1. 情報セキュリティ対策ガイドライン
  2. 事業部制
  3. 最新ノートPCに脆弱性、情報を盗むコールドブート攻撃とは
  4. バスケット分析 (別名:バスケット解析)
  5. PaaS
  6. 個人情報保護法
  7. インターネットバンキング
  8. システム監査基準
PAGE TOP