Loading

スパイラルモデル

対象システムを機能単位に分割し、設計~プログラミング・テストという一連の開発工程を何度も繰り返しながら開発工程の規模を徐々に拡大(機能の改良・追加)していく開発モデル。成長モデル的に進めることで、開発コストの増加などのリスクを最小にしつつシステム開発を行う。ウォータフォール・モデルの欠点(後戻りができない)を補うために考案された開発モデルである。

関連記事

  1. インシデント管理
  2. 年末年始の長期休暇におけるパソコンのセキュリティ対策!
  3. googleからの「重大なセキュリティ通知」メールの対処方法につ…
  4. データマイニング
  5. ハウジングサービス
  6. ウィルス対策していないパソコンはなぜ危険なのか?
  7. 情報セキュリティ管理基準
  8. 電子マーケットプレース
PAGE TOP