Loading

共通フレーム (別名:Software Life Cycle Process)

ソフトウェア開発とその取引の適正化に向けて、それらのベースとなる作業項目を一つひとつを定義し標準化したもので、ソフトウェア産業界においての「共通の物差し」となることを目的として策定された規格。共通フレームは「業務分析、業務設計、ソフトウェアを中心としたシステムの企画~開発・保守及び関連する諸活動」を定義の対象としている。ソフトウェア取引における作業項目とその範囲・用語等を標準化することで「取引の明確化」「国際取引への対応」などの効果が期待されている。

関連記事

  1. マトリックス組織
  2. MRP (別名:資材所要量計画)
  3. CSF (別名:重要成功要因)
  4. SNS
  5. EBO
  6. セキュリティの最新情報が1冊に!IPA「情報セキュリティ白書20…
  7. ブランド戦略
  8. ITIL
PAGE TOP