Loading

受入れテスト

システム開発を発注した側(ユーザー)が、要求した機能や性能を満たしているかを検証するテスト。最終段階のテストであり、ユーザーが業務などで実際に使用するデータや操作方法を使って行われる。一般的には、受入れテストにパスすれば納品・導入手続きに進むことになる。システム開発では、アウトソーシングが行われていることが多く、受入れテストの重要性が高いといわれている。

関連記事

  1. MtoM
  2. サービスデスク (別名:ヘルプデスク)
  3. MBO (別名:経営陣による自社買取)
  4. FAQ
  5. 4C分析
  6. IT・情シス担当者の業務引継ぎノウハウ vol.1
  7. メールの添付ファイルは便利!!安全に使うためのセキュリティ対策を…
  8. GoogleのSNS「Google+」の情報漏えいリスクは隠蔽さ…
PAGE TOP