Loading

要件定義プロセス

ソフトウェアライフサイクルプロセスにおける2番目のプロセス。システム開発において、新たに構築する業務、システムの仕様、及びシステム化の範囲と機能を明確にし、それらをシステム取得者側の利害関係者間で合意するプロセス。この工程で定義された内容は、システム要件定義書に取りまとめられシステム設計工程へ引き継がれる。

関連記事

  1. BPM (別名:ビジネスプロセス管理)
  2. ベンチマーキング
  3. 結合テスト
  4. 急にメールが送受信できなくなった!?
  5. フレックスタイム制
  6. JIT
  7. バランススコアカード
  8. FMS (別名:フレキシブル生産システム)
PAGE TOP