Loading

CMMI (別名:能力成熟度モデル統合)

統合能力成熟度モデルと呼ばれ、組織におけるプロセス改善をガイドするモデル。プロジェクト管理、プロセス管理、エンジニアリング、支援に関するプロセスについて、それらが効果的なプロセスであるために重要な要素をゴール及びプラクティスという概念を用いて整理されている。また、未成熟なプロセスから有効性を持った秩序ある成熟したプロセスへの進化の改善経路も記述しており、自らの組織の状況に合わせて適用内容を徐々に高度化できるようにもなっている。
CMMIではプロセス成熟度に対して次の5つのレベルを設定している。

●レベル1:初期 → 場当たり的で無秩序な組織として最も低い状態。
●レベル2:管理された → プロジェクト管理のための基本的なプロセスが備わっている状態。
●レベル3:定義された → 組織内に標準化された一貫性のあるプロセスが定義されている状態。
●レベル4:定量的に管理された → 定量的な品質目標が存在し、プロセスはデータに基づき予測可能である状態。
●レベル5:最適化している → 継続的な改善プロセスが常に機能している状態。

関連記事

  1. FAQ
  2. ワークライフバランス
  3. パブリックドメインソフトウェア
  4. システムインテグレーション
  5. ATM
  6. JIS (別名:日本工業規格)
  7. ソフトウェア品質特性
  8. 回帰テスト (別名:退行テスト、リグレッションテスト)
PAGE TOP