Loading

UML

オブジェクト指向開発で用いられる標準表記法群で、オブジェクト間の関連や動作・構成を表現する13種の図表から構成されている。13の図法は表現する対象によって構造図と振る舞い図に分類される。
構造図
システムの静的な構造をモデルで表現する。クラス図、コンポジット構造図、コンポーネント図、配置図、オブジェクト図、パッケージ図
振る舞い図
システムの振る舞いをモデルで表現する。
アクティビティ図、ユースケース図、シーケンス図、インタラクション概念図、コラボレーション図、タイミング図、ステートマシン図

関連記事

  1. パブリックドメインソフトウェア
  2. DFD
  3. 情報公開法
  4. 規模の経済
  5. コンカレントエンジニアリング
  6. プロジェクト組織
  7. ERP (別名:企業資源計画)
  8. 今もこの瞬間で狙われています
PAGE TOP