Loading

UML

オブジェクト指向開発で用いられる標準表記法群で、オブジェクト間の関連や動作・構成を表現する13種の図表から構成されている。13の図法は表現する対象によって構造図と振る舞い図に分類される。
構造図
システムの静的な構造をモデルで表現する。クラス図、コンポジット構造図、コンポーネント図、配置図、オブジェクト図、パッケージ図
振る舞い図
システムの振る舞いをモデルで表現する。
アクティビティ図、ユースケース図、シーケンス図、インタラクション概念図、コラボレーション図、タイミング図、ステートマシン図

関連記事

  1. メールアドレスの作り方のコツ!セキュリティ対策を効かせて迷惑メー…
  2. CSF (別名:重要成功要因)
  3. フレックスタイム制
  4. GoogleのSNS「Google+」の情報漏えいリスクは隠蔽さ…
  5. ファームウェア
  6. 2019年6月2日 Googleが大規模障害の詳しい情報を明らか…
  7. 成功するためのプロジェクトマネジメント~要件定義フェーズ~
  8. 結合テスト
PAGE TOP