Loading

Excel・windoesを令和元年に対応!Excelで和暦の元号の変更方法

2019年5月1日、元号が「平成」から「令和」に変わりました。

パソコンは「令和」モードに変更していますか?

資料作成・印刷の表記、メールの設定、PC・エクセルなどのツールの年号の設定、などがまだ「平成」のままになっている方向けに、新年号「令和」への切り替え方法についてまとめてみました。

ぜひお試しください。

 

WindowとOfficeで、新元号「令和」対応の手続きについて

平成から新元号の「令和」に変更された事で、ご自分のPCに、面倒な設定をしなければいけないのではないか??

と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的には、ベンダー(製造元)が行うことで、Windows Updateという仕組みを通じて、インターネット経由で自動的に配信・インストールされるようになっています。

念のため、自分でやっておいた方が良いことは、Windows Updateの画面を開き「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックして、更新プログラムが表示されたら、インストールをすること。

通常はこれだけで問題ありません。

しかし、「令和」の表示を活用していくためには、自分でも簡単な設定や準備をしておくことをおすすめします。

 

エクセルで、西暦から和暦の令和へ変換する方法

簡単に「令和」と表示させる設定方法として、西暦から和暦に変更する方法があります。

セルの書式設定から日付を選択、カレンダーの種類で和暦を選択するだけで、2019年という表記から令和1年に切り替わります。

① 和暦に変更したいセルを選択した状態で、マウスを右クリック

② 「セルの書式設定」をクリック

③「日付」>「カレンダーの種類」>「和暦」をクリック

④ 表示の種類で「年号」の表示をクリックして、OKボタンをクリックします

エクセルの中で西暦は、グレゴリオ暦と表示されていますので、和暦からグレゴリオ暦に変更すれば西暦の表示に戻ります。

簡単な設定ですが、意外と知られていない様なので試してみて下さい。

Excelで「令和」への日付変換の方法

Excelで和暦の新元号「令和」へ日付を変換する方法としては、ほかにも様々な方法があります。

条件付き書式という機能を活用した自動入力設定をするのが、とても利便性の高い方法となります。

日常的にExcelも含めてPCで決まった操作以外は使用しないといった方にとっては、少し難しく感じるかもしれません。

この設定を、数年先の事も踏まえて一度行ってしまえば、その後、元号が変更した事を気にすることもなく、今まで通りExcelを活用していく事ができます。

Excelの和暦表示で「令和1年」でなく「令和元年」と表示させる方法

これに関しても、条件付き書式から適用したいセルに対して、新規ルールを順序良く設定していけば、表示させる事ができます。

オフィス365の場合、予め、和暦の表示に変更しておきます。

  • ① 適用したいセルを範囲選択します
  • ②「ホーム」タブをクリックします
  • ③「条件付き書式」をクリックします
  • ④ 「新しいルール」をクリックします

 

  • ⑤ スタイルを「クラシック」に設定
  • ⑥「指定の値を含むセルだけを書式設定」に指定
  • ⑦ 「セルの値」に設定
  • ⑧ 「次の値より大きい」を設定
  • ⑨ 「2019/5/1」と入力します。
  • ⑩ 書式を「ユーザー定義の書式」を選択

 

  • (11)「表示形式のユーザー定義」をクリック
  • (12) 種類に「ggg”元年”m”月”d”日”」と入力設定
  • (13) OKをクリックします。
  • (14) これで、新しい書式ルールが完成しましたので、OKをクリックします。

 

  • (15) 「ユーザー定義」をクリック
  • (16) 「ggg”元年”m”月”d”日”」を選択
  • (17) OKをクリック
  • (18)「令和元年」と表示されていることを確認します

これで、完了です!

簡易的には上記のような流れとなります。

このテクニックを一度覚えてしまえば、元号に限らず、今後Excelを使用していく上で、とても便利に活用できる場面は多々あります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のような、新年号の令和対応。Excelでは一度設定してしまえば、その後便利に活用し続ける事が出来て、時間短縮に繋がる機能が数多く存在します。

ティースリー株式会社では、こういった便利な設定や活用方法も含めて、様々なITトラブルにも、最適なサポート方法で、解決に向け迅速に対応いたします。

日頃のお仕事のサポート役として、力を発揮させていただけると自負しております。

まずは、お気軽に資料のご請求から。

当サイトより無料でダウンロードができますので、ぜひご活用ください。

■こちらの記事もおすすめです

>>>【パソコンのフォルダをきちんと整理するファイル管理術

関連記事

  1. フェイスブックの情報漏えいに便乗した脅迫メールに注意
  2. MacとWindowsどっちが安全なのか?やはりセキュリティは必…
  3. 仮想通貨も攻撃対象に!ソフトウェアの脆弱性を悪用
  4. この画像を見て下さい
  5. フェイスブック、680万人の写真流出か
  6. 年末年始の長期休暇におけるパソコンのセキュリティ対策!
  7. 「サンドボックスモード」とは?Microsoftが導入した新たな…
  8. windows7のサポート終了まであと1年半【あなたの会社は大丈…
PAGE TOP