【放置は退職のもと!】「ワンマンの情報システム担当者」の悩みの解決方法をご紹介します

【「一人情シス」放置は退職のもと!】悩みの解決方法をご紹介します_サムネイル

近年IT人材の不足により増加している「ワンマンの情報システム担当者」。中堅企業の約38%は情報システム担当者が1名以下となっています。一人で全ての情報システム業務を行うことは非常に負担となり、それが退職につながる可能性もあります。

「一度あなたの会社も振り返ってみてください」

もし情報システム部門の担当者が一人もしくは少人数で、しかも情報システム部門の担当者以外が業務内容を全くわからない状況なのであれば対策が必要です。対策をしなければ、もしその唯一の情報システム担当者が退職した時、会社全体に悪影響を及ぼすこととなるでしょう。

今回はそんな「ワンマンの情報システム担当者」の退職にまつわる問題点とその解決方法をご紹介します。

ワンマンの情報システム担当者の退職の理由

「ワンマンの情報システム担当者」とは企業の情報システム部門の担当者が1人や2、3人の極めて少ない状態のことを言います。

増加の原因としては、日本ではIT人材の不足による人材確保が難しくなっていることが一番に挙げられます。また、経営者がIT部門をそれほど重要視しておらず、どれほどの量の業務なのかを把握しきれていないことが多いため、オーバーワーク状態なることもしばしばです。

情報システム部門の業務は多種多様であり、たった1人で全ての業務を担うことは非常に負担となり、退職する選択をしてしまう人も少なくありません。

退職後の問題点

そんな社内唯一の情報システム担当者が退職してしまった時、その跡を埋めることが必要です。しかし、その場合多くの情報システム担当者がいる企業と比べて、情報システム担当者一人で業務を回している企業には多くの問題点が生じます。

大きな問題としてはこちらの二つです。

  1. 属人化による引き継ぎの苦労
  2. 後任の人材確保の苦労

それぞれご紹介いたします。

属人化による引き継ぎの苦労

一人、もしくは少数で業務を回している場合、マニュアルが十分に整備されていません

業務内容を担当者しか知らないということも多くあります。そのため、他の人がいきなり代わりとして業務に入っていたとしても、スムーズに仕事を進めることができない状態となっています。

そんな状態のまま急に情報システム担当者が退職したらどうなるでしょうか。

情報システム部門はもちろん、社内全体に影響を及ぼしかねません。

 

後任の人材確保の苦労

上記に述べたように、現在日本ではIT人材が非常に不足しており、2030年の時点で30万人以上不足するだろうと予測されています。

それに加えて情報システム担当者はあまり目立たない業務であり、売上に直接貢献できるようなものではないため評価されづらく、一般的なイメージが悪いことが大きな原因です。

そのため、情報システム経験者を中途採用したり、他の部署から異動をさせることは非常に困難であると言えます。

もしワンマンの情報システム担当者が退職してしまった場合、これらのような問題が発生すると言えるでしょう。

問題を引き起こさないための事前対策

もし社内の情報システム担当者が一人や少数の場合、退職するかもしれないことを頭においておくべきです。

そして問題を引き起こさないためには事前の対策が必要です。

業務の仕組みを簡素化する

属人化された複雑な仕組みは、引き継ぎの際非常に苦労します。

そのようなことが起こらないために、普段からフォルダの整理をする、使うツールをできるだけ少なくしたりなど、 他人に引き継がれた後もスムーズに業務が行えるようにすることが必要です。

「IT・情報システム担当者の業務引き継ぎ方法」についてのコツや押さえておくべきポイントをこちらで詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。
IT・情報システム担当者の業務引き継ぎノウハウ vol.1

 

アウトソーシングを導入する

一人で業務を遂行することは限界があります。しかし、中途採用したり、誰かを他の部署から情報システム部門に異動させることさえも難しい場合、最近注目されているサービスとして、情報システム業務を代行してくれるアウトソーシングがあります。

アウトソーシングを導入することによって、 ワンマンの情報システム担当者が抱え込んでいた膨大な業務を低減することができ、またわざわざ新しい人材を雇う必要もありません。

それにより、コスト削減、業務の効率化を図ることが可能です。

まとめ

今回は近年、増加している「ワンマンの情報システム担当者」が退職した時に生じる問題への解決方法をご紹介いたしました。

情報システムと言ってもその業務量は膨大です。そのことを経営者は理解し、適切な量の人員の配置、また場合によってはアウトソーシングの導入も考えてみてください。そうすれば退職率も減り、より効率の良い仕事が行えるに違いありません。

この機会に社内の情報システム部門に目を配ってみてはいかがでしょうか。