『情報システム担当者とは?』トラブルサポートだけはない意外と知られていない業務内容

『情シスとは?』トラブルサポートだけはない意外と知られていない業務内容_サムネイル

「情報システム担当者」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

情報システム担当者とはあらゆる企業の業務に欠かせないITを運用していく役割です。

社内のITのトラブル時にサポートしてくれている、、、ということは知っているが、その仕事内容を他の部門の方が知る機会は意外と少ないようです。巷はAIを導入したというニュースを良く見かけますが、最先端のIT技術の進歩に企業もついていかなければいけません。

情報システム担当者に求められる役割も時代背景によって変わりつつあります。

今回は、そんな情報システム担当者の仕事をご紹介していきます。

社内のサポートセンター

ネットが繋がらない、メールを送信できないなどと言ったあらゆるトラブルごと、業務ソフトの使い方が分からないといった社員のお困り事を解決するのがサポートセンターの業務です。今はパソコンだけで完結する業務の方が少なく、クラウドやスマホとの連携が一般的です。

しかし、社員の方のITスキルが高いわけでは無いので誰に聞けば良いのか?といった問題が生じます。

この問い合わせ先が主に情報システム担当者となるのです。情報システム担当者は彼らの悩み事の解決に加えサービスを提供している会社に問い合わせするなどの橋渡をし、再発しないようにFAQを作成して利用してもらうのも役割となります。

セキュリテイ対策センター

会社にとってセキュリテイ対策は大きなミッションです。ITの利用範囲が大きくなればなるほど複雑になり脆弱性な部分も増えていきます。セキュリテイソフトを入れれば済む問題ではなく、業務全般を把握していかないと正しい対策がとれないのです。

情報システム担当者は、業務全般を俯瞰し、セキュリテイを検討・導入していくので、いわば会社のディフェンス役として働きます。

システム開発

業務で使うグループウェア、基幹システム、売上や見積もりのソフトなど会社にあわせてチューニングをしたり、時には1から作り上げていくことがあります。

情報システム担当者は、自前でプログラム開発のスキルがあれば要件にあわせて作り上げていきます。

大半の情報システム担当者は自ら開発まではできないケースが多いので、外部パートナーに依頼をするのです。システムの開発は丸投げで作れるものではないので、要件をまとめ、テストし、運用のメンテナンスを行うので、情報システム担当者である限り関わり続けていくものです。

業務改善

経営者が会社全体の方針を固めるのであれば、情報システム担当者はそれをどうやってITで実現していくのかを考えていく役割になります。

理想論と現実問題の間にいる情報システム担当者は、直ぐに答えを導き出せない葛藤に日々悩むものです。

経営者と情報システム担当者のとこのやり取りをしていると、多くは「無理」「難しい」「そもそも、、、」という発言をすると思います。なぜならば、空想(想像上の事業計画)を現像にするので、多くの検討する事象があるからです。

情報システム担当者は煙たがる存在にもなりますが、とても現実主義者なのです。

情報システム担当者のさまざまな環境

業務内容が多岐にわたるように、情報システム担当者の環境もさまざまです。どの会社にも複数人の情報システム担当者がいると思われがちです。しかし現実は、会社の規模などにより働く環境が大きく異なるのです。

情報システムチーム

「サポートセンター担当」や「セキュリティ対策担当」など、割り振られた業務によって複数人配置されています。

数百人の社員を抱える大会社に多く見られる情報システムのタイプです。

ひとり情シス

その言葉のとおり、一人で業務を担当します。

通常、会社が大きくなるほど各部署の担当人数も増えるものです。しかしながら、ひとり情シスは規模の小さい会社だけではなく、社員100名以上の会社でもめずらしくありません。

Dell ENCが2018年1月に発表した「IT投資動向調査」では、調査対象にした700社の中堅企業のうち、14%がひとり情シスだとしています。

兼任情報システム担当者

30名程度の企業に多く存在するのが、兼任情報システム担当者です。会社に情報システム担当者がいないケースもあります。この場合、他部署の社員が情報システム担当者業務を兼任する場合がほとんどで、営業部や経理部などの兼務が多いようです。

情報システム担当者にはこのようなタイプが実際に存在するのですが、現状、社内業務を遂行するにはパソコンやインターネット、社内インフラの利用は不可欠であり、その意味でも兼任情報システム担当者というのは、あまり良い環境とはいえません

まとめ

情報システム担当者がIT戦略を牽引(けんいん)していくためには、専門知識やスキルだけにとどまらない幅広い視点を持つことが求められます

日ごろからさまざまな部署の動きに目を向けることが、IT戦略におけるスキルにもつながるのではないでしょうか。

また、情報システム担当者などの引き継ぎ業務などがある方はこちらの記事を参考に引き継ぎマニュアルなどを作成することをおススメします。ぜひ合わせてお読みくださませ。
IT・情報システム担当者の業務引継ぎノウハウ vol.1

 

ティースリーでは、現在のIT担当・情報システム・社内SEの業務を丸ごと引き継ぐことが可能です。

 

  • 積み上がるITトラブルに一人で対応するのが辛い
  • 仕方なく兼任で情報システムを担当しているため、本来の業務に集中できない
  • 業務を引き継げる人材探しに悩んでいる

 

などのお悩みや社内全体の取り組みとしての方針が決まっていないという経営者・管理職の方は、ITセキュリティの専門家のティースリー株式会社までお気軽にご相談ください。