今もこの瞬間で狙われています

カルフォルニアにあるNorseという会社が、今起きているサイバー攻撃の様子をリアルタイムで見ることができる地図を開発して公開しました。

 Norseには40カ国150個のデータセンターから、1日に130テラバイトにもなる情報を処理してチェックし、攻撃の様子を近未来のSFの様な画面を見ることができます。

驚きはそのサイバー攻撃の数が尋常でないことです。

世界地図のあちこちで国をまたいで攻撃ており気が付くと画面いっぱいに痕跡が残るのですが、これでも表示の都合から全体の攻撃数の1%に満たないそうです。

攻撃場所は、ATM、企業メール、パソコンなど様々な機器を相手にしています。

すでに古くなったネットワークを狙ったプログラムされたbotが多いといいますが、それでも見ていると不安になってきますね。いつどこであなたのパソコンやサーバーも狙われているか分かりません。

攻撃元とターゲットを見ることができるのですが、攻撃元はダントツでアメリカ。次に中国といったところです。 ているようです。

この瞬間もまた攻撃が…。

あなたの会社は、正しいセキュリティ対策はできていますか?

些細でも気になることがあればご相談ください。