Loading

ランサムウェアの感染経路は64%以上が○○!?

images

流行している危険なウイルス

 

2015年、拡張子を「vvv」に変えてしまうランサムウェア
「CrypTesla」が話題になりました。

 

ランサムウェアの種類は増え、2016年に入っても猛威を振るっています。

 

ランサムウェアとは
ransom
主な意味:(捕らわれた人を解放するための)身代金、(人質などの)解放、取り戻し

 

パソコンのファイルを暗号化し、その解除と引き換えに金銭を要求するウイルスの事です。

 

さらに、拡張子を「locky」に変えてしまうランサムウェアは、
今年はじめに流行し、6月21日から23日に再度活性化を見せ、
総攻撃数の約半分が、日本を狙ったものという調査結果もありました。

 

パソコンで不正なプログラムが実行され、
ランサムウェアがダウンロードされてしまいます。
そして、徐々に活動を広げ、自分のパソコンや共有しているサーバのファイルを
暗号化していくのです。

 

感染経路は64%以上がメール!

 

ランサムウェアに感染してしまう経路の約64%が、メールからの感染でした。

また、34%がWEBサイトでした。

 

受信者がメールに添付されたファイルを不意にクリックしてしまったり、
メールに記載されたWebのリンクをクリックする事で感染します。

 

怪しいメールを判断する!

 

ランサムウェアに限らず、感染の恐れや詐欺の被害がある危険なメールの中で、

いかにも怪しいというメールであれば、危険を察知する事ができます。


ですが、一見、業務のメールと見分けがつかない巧妙なメールもあるのです。

 

・IDとパスワードを求める
・ウイルスに感染していると脅迫する
・○○から紹介を受けたと知らない名前が多い
これらに当てはまり、添付ファイルやURLに誘導してくるようなメールは、
危険と判断するようにしましょう。

 

最後に

 

現時点で、巧妙なメールで攻撃している例をお伝えします。

 

みずほ銀行(2016年7月7日)
[詐欺メール(フィッシング詐欺)にご注意ください]
http://www.mizuhobank.co.jp/crime/email.html

 

三井住友銀行
[不信な電子メールの例]
http://www.smbc.co.jp/security/phishingmail.html

 

ゆうちょ銀行(2016年04月14日修正)
[【重要】ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)を装ったメールやフィッシングサイトにご注意ください]
http://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2016/news_id001151.html


ほんの一例ですが、警戒していなければ気にせずクリックしてしまいそうになります。

 

少しでも頭に入れておくだけで、甚大な被害を防ぐ事ができるかもしれません。

LINE@

友だち追加

資料請求

いいね!を押して最新情報をGET!!

最近の記事

PAGE TOP