Loading

MACのパソコンは本当にセキュリティソフトは不要なのか?

MACのパソコンは、ウインドウズに比べて「ウィルスに感染しにくいので、セキュリティソフトは不要」と噂で耳にすることがあります。
では本当に、MACのパソコンはウィルスに感染しないのでしょうか。

|MACに感染するウィルスが存在しているという事実

そもそも「MACに感染する可能性のあるウィルスは存在するのでしょうか?」

アメリカのセキュリティ会社のマカフィーの資料によると、2016年の四半期で約45万種類のウィルスを検知しているとのことです。

出典:Source: McAfee Labs, 2017

グラフを見ていただくとわかりますが、2016年の前の四半期が15万種類以下ですので、3倍以上に増えていることがわかります。
また、2015年からの推移をみると、ずっと増え続けていることも事実のようですね。

|MACを対象としたウィルスの数は圧倒的に少ないという事実も

同じ、マカフィー社の別のレポートには、全てのウィルスの数は6億2〜3千存在しているという報告もあります。
総数から考えると、約45万種のMACを対象としたウィルスは0.1%以下であることがわかります。

出典:Source: McAfee Labs, 2017

こちらも、時間が経過する毎に増え続けています。
MACは、ウィルスを防ぐ為のセキュリティ機能が搭載されていると言われています。
しかし、事実、ウィルスは存在しているので、対策は不要である!とは言い切れません。

実際に被害に合うと元の環境に戻すために、時間もお金もかかります。
ウィルスに感染した場合、

✔︎ クレジットカードの情報を盗まれてしまう
✔︎ お客様の情報が漏洩してしまい、損害賠償を請求されてしまう
✔︎ 大事な資料データが盗まれてしまう

などの被害を受ける可能性があります。
また、MACのパソコンそのものを紛失してしまった場合に、データを盗まれてしまう可能性も否定できません。
大きな被害に繋がる可能性がありますので、MACのパソコンもセキュリティ対策をしておくことをおすすめします。

|今すぐできる、MACのウィルス対策について

(1)OSは常に最新版にアップデートすること  

システムアップデートがあれば、自動的に知らせてくれるように設定しておきましょう。

(2)ブラウザを最新版にすること

ブラウザも常に最新版にしておくことで、例えば、ブラウザのバグを介して攻撃されるリスクを減らすことができます。

(3)ファイアウォールを設定する

macOSには、ファイアウォールの機能があります。

機能を有効にすることで、外部からの通信を防ぐことができます。

ファイアウォールは、「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「ファイアウォール」から設定できます。

(4)JavaやFlashを常に最新にする

 Java、Flashの最新版へのアップデートも重要です。

|まとめ

いかがでしたでしょうか。
PCのセキュリティ対策において、MACを対象としたウィルスは少ないです。
しかしながら、ウィルスが存在して増え続けていることも事実です。

「MACだから不要」であるとは言えませんので、特に大事な情報を扱っている方はセキュリティ対策をしてみてはいかがでしょうか。

もし、MACのセキュリティ対策でお困りのこと、ご相談したいことがございましたら、ティースリーまでお気軽にお問い合わせください。
Windows、Mac、タブレットのハードウェアや、オフィスソフト、会計ソフトなどのソフトウェアや、クラウドまで幅広くサポートを実施しています。
お客様先にしか無い様なソフトなどどの様な製品でも、原因の切り分けからトラブル解決までワンストップ対応をしています。

★メールでのお問い合わせフォームはこちら
 →【メールお問い合わせフォーム

★こちらの記事もおすすめ→【MACのパソコン無料・簡単・今すぐできるセキュリティ設定!

PAGE TOP