Loading

Windows7の機能を使ってパソコンのデータをバックアップする

 

Windows7では、「バックアップと復元」という機能があります。

バックアップと復元では、パソコンを使用するすべてのユーザーの「データファイル」を

定期的にバックアップしたり、バックアップしたデータで復元したりできます。

 

バックアップの対象を自動にしたり、個別のフォルダやドライブに設定することもできます。

 

定期的にバックアップする操作手順※初めてバックアップと復元の設定をする手順になります

1.「スタートボタン」→「コントロールパネル」の順でクリックします

 1

 

2.システムとセキュリティ内の「バックアップ作成」をクリックします。
 
 2
 
3.バックアップの欄から「バックアップの設定」をクリックします。
 
  3
 
4.下図のような画面が表示されるので、しばらく待ちます。
 
  4

5.バックアップの設定画面が表示されます。
 一覧から、バックアップのデータ保存先を選択(クリック)し「次へ」をクリックします。
※例としてドライブDを選択しています。
※外付けハードディスクをお持ちの場合、そちらにバックアップを保存することをお勧めします。
 
  5

6.バックアップの対象を選択(クリック)し「次へ」をクリックします。
 ※ここでは例として自動選択を選択しています。個別にバックアップを取る際は、自分で選択するを選択します。
 
  6

7.スケジュールの欄から「スケジュールの変更」をクリックします。
 
  7

8.バックアップ頻度の欄から、「スケジュールに従ってバックアップを実行する」にチェックを付けます。
 
  8

9.「頻度」や「日」「時刻」を任意の時間帯に設定します。
  パソコンの電源が切れているときにはバックアップは実行されませんので、 パソコンが起動している時間帯を指定して下さい。
 
  9

10.「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。
 
  10

11.「バックアップの設定を保存中です…」と下図のように表示されるので、しばらく待ちます。
 
  11

12.「バックアップが進行中です…」と下図のように表示されるので、しばらく待ちます。
 
  12

13.バックアップが完了すると、下図のように表示されます。
 「閉じる」ボタンをクリックし、「バックアップと復元」画面を閉じます。

 

  13

 

  以上で、操作終了です。

 

 

PAGE TOP