Loading

Windows Live メールを利用している方セキュリティのリスクが高まっています。

2017年1月10日に終了したWindows Essentials 2012のサポート。そのうちのWindows Live メールを未だに利用されていませんか。更新プログラミングが配信されなくなりますので、セキュリティのリスクが高まっています。他のメールソフトに移行を早めにすることをお勧めします。

Windows Live メールは危ない

しかし、脆弱性を狙う攻撃者はこういった箇所を狙うのです。事実、Liveメールで送信されたメールのプロパティをチェックすると「Windows Live Mail 15.4.3508.1109」などと書いてあるメールも届きます。

これは受信者に脆弱性をお知らせしているようなもの。

古いメールソフトを利用することは一見問題なさそうにも見えますが、メールはウイルスの入り口になりやすいツールなのでリスクが大きいと言えます。

改めて他のメールソフトかいっその事クラウドに移行してしまうことをオススメします。

おすすめ代替ソフトと対策

マイクロソフトが推奨するのは、Windows 8.1以降に標準搭載されているストアアプリ版の「メール」だ。

ただし、「メール」にはWindows Live メールのデータをインポートする機能はなく、使い勝手も人によるが比較すると便利とは言い難い。そこで他のメールソフトをインストールして、データを引き継ぐのが良いでしょう。

Outlookがあるならそれで問題ないが、なければフリーソフトのThunderbirdあたりがおすすめです。

いずれも、ヘルプやサポートページにWindows Live メールから移行する方法が載っていますし、「 Windows Live メール Thunderbird 移行 」などで検索すると多数ヒットします。

例えばこちらのサイトの手順が読みやすく思えます。
https://www.kitakansai.jp/support/mail-setup/thunderbird-migration/

Gmailを検討してみませんか

Gmailはセキュリティが高く迷惑メール機能も優秀なので、Gmailで受信させてしまうのも一つの方法です。

最近はGsuiteが市場に浸透しているのもあり、大手の企業でも使っているところが多いので信頼ができます。

受信設定後は、インターネット上でメール送受信ができるので、スマートフォンやタブレットからいつでも簡単に外出先からメールを送受信できます。

パソコンのメールソフトを使っていると、メールソフトを起動しないと受信できなかったり、POP受信の理由で他のパソコンとメールが同期できない事もあリました。

Gmailの使い勝手にさえ慣れれば生産性もぐんとあがります。

では実際に移行する方法ですが、細い手順も含めてこちらのサイトが分かりやすいのでご紹介します。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1802/02/news028.html

まとめ

もし、セキュリティ対策でお困りのこと、ご相談したいことがございましたら、ティースリーまでお気軽にお問い合わせください。

★メールでのお問い合わせフォームはこちら
 →【メールお問い合わせフォーム

★こちらの記事もおすすめ→【セキュリティ対策なしのパソコンの危険性について

LINE@

友だち追加

資料請求

いいね!を押して最新情報をGET!!

最近の記事

PAGE TOP